世界中の徴

スイスの畑のミステリーサークル

2019年7月1日、一つのミステリーサークルがスイスのベルン近くのトウモロコシ畑で見つかった。農夫のハンス・ルドルフ・ワイダー氏は毎日の見回り途中でブーレンにある自分の穀物畑に溝があるのに気がついた。「最初私は、それが雨や風でできたのかと思いましたが、それらはあまりに規則的だったのです」。そこで彼はドローンを用いて写真を撮ると、それがミステリーサークルであることが明らかとなった。それは直径がおよそ50mのものであった。彼は、どのようにそしていつの時点でこの形が現れたのか説明することができず、複雑な気持ちであった。「それは美しく、しかし普通ではありません。それはまた、私の収入が減るということでもあるのです」と彼は収穫量の減少を予見し、そう話した。彼はUFOを信じてはいなかったが、「なんとも規則的で完ぺきなサークルがつくられたのを見た時、私は非常に驚嘆しました」と、彼は話した。
(ufosightingsdaily.com)

続きは「国際月刊誌シェア・インターナショナルWEB版」へ