ここに掲載されている「時代の徴」は、過去にベンジャミン・クレームによって確認されたものであるか、または確認されたものに似たもの、あるいはそれ自体が物語っている「徴」として掲載した。それらは多くの人に目撃され、彼らの希望と信の証しとなっている。判断は読者のみなさまにお任せしたい。

世界中にあふれる徴

2019年5月22日、NASAの太陽圏観測衛星がとらえた太陽近くに写る巨大な円盤型の物体。(myunhauzen74)

続きは「国際月刊誌シェア・インターナショナルWEB版」へ