溢れる徴

雲間のキリストのような姿

アルゼンチンで撮影された写真に、キリストの姿のようなものが空に浮かんでいるのが写っている。モニカ・アラマヨさんはサンサルバドル・デ・フフイ市でその写真を撮り、2019年5月にソーシャルメディアにその画像を載せた。その写真は広く共有され反響を呼んだ。幾人かはその画像がリオ・デジャネイロのキリスト像に似ていると言った。ソーシャルメディアの利用者、マリエラ・ロマノさんは「主はもうすぐ私たち皆のもとへいらっしゃいます。だから私たちは準備をしておかなくてはなりません」と語った。カルロス・ダニエル・ニーバ氏はソーシャルメディアで「われわれを導いてくださる御姿に感謝します。そして明日へのより良い希望に感謝します」とコメントした。
(coasttocoastam.com; dailymail.co.uk;
misionesonline.net)

続きは「国際月刊誌シェア・インターナショナルWEB版」へ