ニューメキシコの涙を流す聖母像

聖母像
2018年年5月20日の日曜礼拝の最中、ニューメキシコ州にあるカトリック教会内の聖母の銅像が涙を流し始めた。
教区民のラウラ・シスネロスさんは、彼女の家族とグアダルーペの聖母教会での昼のミサに参加した時、何かいつもと違うことに気がついた。「私は夫に向かって『あのマリア像は涙を流しているのかしら?』と尋ねました」
最初、彼女の夫はそれが光の反射だと思ったが、のちにそれが涙であることを彼自身が目撃した。彼は銅像のそばに歩み寄り、「奇跡が起こっている」ことを確信した。
多くの人々がグアダルーペの聖母に起こった現象を見ようと訪れたため、地元の教会役員たちは24時間教会を開放することに決めた。

続きは「国際月刊誌シェア・インターナショナルWEB版」へ