アメリカ、フロリダ州──2014年8月21日、フロリダ州コーラルゲイブルスで一人の目撃者がレンズフィルターを使って日蝕を連続撮影していた。後にその写真を見返すと、そのうちの数枚に円盤のような形をした物体が写っているのに気がついた。「連続したその写真を見てみると……その物体が太陽から遠ざかる動きをしているのが分かります」とその目撃者は語った。(mufon.com)

続きは「国際月刊誌シェア・インターナショナルWEB版」へ